年金減額、定年後の貯蓄はいくらぐらい必要?

年金の減額がニュースになっていましたが、

定年後の貯蓄は、どれくらい必要なのでしょうか。

『30歳からはじめる お金の育て方入門』

から、このような記事がありました。

 普通のサラリーマンであれば、60歳で定年退職したとして、そこから20年~30年ほど人生は続き、年金の方は受給年齢が上がる傾向にあり、さらなる「減額」も考えられる。これを踏まえると、貯金はどれくらい必要なのだろうか。

本書によると、目安として2500万円~3000万円くらいの貯蓄があれば、老後は安泰といえるようだ。希望するライフスタイルによっても異なるが、年金を受け取りつつ、貯蓄の一部を切り崩しながら生活していくのであれば、だいたい2500万円と言われている。

(参考:新刊JPニュースhttp://news.livedoor.com/article/detail/10178980/

 

2500万円って、なかなか大変ですね・・・。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*