年金情報流出で、機構職員のなりすましが増えています。

6月1日に年金情報の流出があったと、報道がありましたが、それから、機構職員のなりすましではないかと見られる

不審電話が早くもかかってきているようです。

警視庁麻布署によると、2日午後2時ごろ、東京都港区の高齢女性宅2軒に、機構職員を名乗る男から電話があった。男は「家族構成の確認をします」「年代別の調査をしています」などと話した。いずれも女性が「本当に年金機構の職員か」などと尋ねると電話を切ったという。

参考:毎日新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150602-00000074-mai-soci

 

年金を頼りに暮らしていれば、どうしても怖いのが、一時的な出費。

ただでさえ、治療費・入院費などにお金がかかりやすいので、

詐欺などで、大きな出費はしたくないものです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*